<< 手札1枚からヴァレルエンド+サベージを出す方法 | main |

ガチデッカスの葬り方 ヌメロン編

0

    ガチデッカスの葬り方〜vsヌメロン編

     


    こんにちは、野菜神蟹です。7月になって新制限が解禁されましたね。生き残ったアナコンダとドラグーン。そこへのヘイトを溜めすぎた私はついにジェネレイドを魔改造して、サイドまで調整して環境トップレベルまで仕上げました。ヌメロン相手に互角以上に戦います(こちらが先攻なら余裕で勝ちます)



    さて、今回の記事はそんなヌメロンに対する戦い方と対策カードについてです。巷では、ゼアル対策としても刺さる夢幻泡影などがヌメロン対策として上がってましたね。あとうさぎ。どちらも対策として悪くはありませんが、前者は後攻ヌメロンの猛ラッシュに打つ手なし。リミッター解除を絡められた瞬間ゲームセット。後者は指名者で飛ばされるというリスクがつきまといます。私なら使いません。夢幻泡影は高いですしね。



    では、何を使うのか。それを順に解説していきましょう。



    【私が考えるヌメロン対策カード】



    1.次元障壁

    対ヌメロン最終兵器。モンスターの種類を宣言し、宣言した種類のモンスターの特殊召喚および場の効果を封じるカードです。融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラムの4種から選択する事ができるため、ミラーマッチでもない限りは今の環境に突き刺さります。ヌメロンが相手で有れば、ダイレクトにチェーンしてエクシーズを宣言すれば終わり。相手の展開手段を大きく制限します。



    このカードの優れている点は、発動タイミングを選ばないフリーチェーンの罠であること。先攻で伏せることができれば、羽箒で除去しようがなんだろうがチェーンして発動するだけ。ヌメロン側にはレッドリブート以外の対抗手段がありませんので、純ヌメロンならこれで完封できます。



    まぁ、私がやり合っただけでもヌメロン閃刀姫だのヌメロンエルドリッチだの居まして、純構築よりそっちの方が遥かに強かったので過信はしないように。



    2.エクシーズ・ユニバース

    場のエクシーズモンスター2体で擬似エクシーズするカード。相手が後攻で攻めてきた時、ダイレクトの効果でNo.14が並んだらこのカードで餅カエルに変えて差し上げましょう。相手は死にます。アノマロカリスでもいいです。



    ただ、このカードは次元障壁と違い除去に弱いです。今の環境は伏せカードが多くないのでそこまで心配することもないと思いますが、よく見かけるライトニングストーム辺りにやられるかもしれないという点は注意が必要ですね。



    3.コズミックサイクロン

    ネットワークの再利用を封じ、相手にプレッシャーをかける。ネットワークの効果発動に対してコズサイはシンプルに強いです。



    手札からヌメロンダイレクトを撃たれる可能性も無くはないですが、ダイレクトを3積みしたいかと言われると微妙でしょう。出張ヌメロンならなおさら。端的に換言すれば、デッキに2枚しか積んでないダイレクトを引かれてうたれたところで、そのあとネットワークを除外して仕舞えば、ヌメロンエクシーズは効果を使えないので1000打点のバニラが4匹並ぶだけ。こちらの勝ちです。



    4.禁じられた1

    対象を取らないモンスター効果無効カード。このカードの強さは、先攻後攻どちらでもヌメロンに強く出れる点ですね。後攻ヌメロンの攻撃に対しては、複数体選んで無効にすることで上昇率を大きく下げられます。先攻ヌメロンに対しても、ゼアルの効果を封じることができるのが強いです。

      


    魔法カードなので、羽箒やライトニングストームなどによる除去は怖いですが、それでもヌメロンを対策するなら3積みしていいカードだと思います。



    【巷で噂されるヌメロン対策カードの真価は?】



    さて、私が考えるヌメロン対策カードは紹介しました。次は、巷でヌメロン対策カードと言われているカードについて考察を述べていきましょう。



    1.幽鬼うさぎ

    はっきり言いますが、ヌメロン対策としてメインに積むほどの価値はないと思います。このカードはヌメロン側にとって指名者で無効にしやすいからです。



    ヌメロン側の視点に立って考えてみましょう。こちらが展開する側だったとして汎用的な手札誘発である灰流うららと増殖するGに、墓穴の指名者を打つでしょうか?灰流うららは状況によると思いますが、仮に2枚目のヌメロンネットワークをサーチ可能なカードがあったら、うららの効果はそのまま通しますよね?あるいは、自分の手札にもうららがあった場合。次のターン、自分のうららが無効になるリスクは侵さないと思います。そもそも、ヌメロンウォールはうららで止まりませんしね。



    ヌメロンにとって、最も怖い手札誘発が幽鬼うさぎであるからこそ、指名者を喰らいやすい。また、ダイレクトを素引きしていた場合。私ならうさぎを警戒してダイレクトをそのままうつかもしれません。もっと言えば、ヌメロン側は抹殺の指名者まで積んで誘発はガンメタしてると思います。以上の理由から、うさぎはわざわざサイドからヌメロン対策として仕込むカードではないかなと思います。どうせ止められます。



    2.原始生命体ニビル

    通称隕石と呼ばれるこのカード、ヌメロン対策として私も積みましたが、非常に使い勝手が悪い。何故かと言うと、ヌメロンデッキと対峙した場合、このカードは【3積みしたくないが絶対に初手に欲しいカード】だからです。



    ヌメロンダイレクトからゼアルが出て来る一連の流れで、このカードを出すなら初手以外にありません。展開されてからでは遅いからですね。しかし、初手に引けなければ以降はほぼ100%死札です。このカードは3積みしたとしても初手の5枚に引き込める確率は3割程度。2積みなら2割です。手札誘発を山ほど積んでるヌメロンに対し、死札を抱えることはそのまま負けに直結します。そもそも相手が先攻ゼアルをするならヌメロンエクシーズは3体しか出しませんので隕石の効果範囲まで行きません。ヌメロン対策としては積むだけ無駄。



    3.夢幻泡影

    刺さるかと言われると正直怪しいです。何故かと言えば、このカードゼアル特化なんですよ。こちらが先攻だった際、このカードではヌメロンの猛攻を止めることができません。ヌメロンエクシーズ4体の攻撃力はその効果によって最大16000まで上昇しますし、リミッター解除があればその数倍に跳ね上がります。夢幻泡影1枚使ったところで160008000になるだけ。無駄です。



    とはいえ、ヌメロンのデッキと当たった際は強く出れるカードなので、うさぎや隕石に比べれば積む価値は大きいと思います。



    【終わりに】

    こんなところですね。私が考えるヌメロン対策を紹介させていただきました。ADSなんかで実際に戦ってみた印象では、純構築は対策すればなんてことないワンキル特化のファンデッキ。他のトップテーマと混ぜると、カードパワーの強さが光り環境トップレベルに跳ね上がると言った感じ。弱点がわかりやすいので、まず間違いなくヌメロン一強にはなりません。これからの遊戯王環境がどうなるか、ゆっくり見ていきましょう。



     それではみなさん、さようなら。


    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM